グルメ・クッキング

2010年7月24日 (土)

愛する六花亭

私は六花亭が大好きだ。
3歳から10歳までの幼少期を帯広で過ごした自分には、
まさに「ふるさとの味」であり、
どれを食べてもハズレがない、
それが六花亭のお菓子だった。
大平原、郭公の里、チョコマロン、ひとつ鍋、リッチランド・・・。
あのホワイトチョコやマルセイバターサンドが登場する前から、
つまり「帯広千秋庵」と呼ばれていた時代から、
私の心をとりこにしていた六花亭・・・・。
しかも帯広には喫茶室があった。
今だからこそ、道内限定であちこちに展開しているけれど、
当時喫茶室は帯広一件しかなく、
母にごくたまに連れて行ってもらえるその味はまさに
「天にも昇る」美味しさだった。
だって、今でこそ、世の中には美味しいものが溢れているけど、
ウン10年前の北海道の片田舎のコドモにとってそれが、
どれだけ衝撃的なものだったことか・・・・。

そのショートケーキのとろけるような甘さ、
あつあつのココアにのっかっている生クリームの濃厚さ、
ふわふわ香ばしいホットケーキ、
当時は珍しかったクリスピー生地のサックリとしたピザ、
今でも皆改良を重ねて健在のメニューだ。
なんでこんなに毎日六花亭のことが気になるんだろうと思って色々調べたら、
六花亭のパッケージの画家、坂本直行さんが、
何とあの、坂本龍馬の子孫だということがわかったのだ。(今更!?遅い!!)
なんか、惹き付けるものって、つながりがあるのかな!?なーんて思ってしまった。
もしかしたら、好きで仕方がないものを探っていくと、
み〜んなどこかしら、つながっていて、
全部むすぶと大きな円ができあがったりして。

坂本直行作 ミズバショウ

062_2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

くるみのキャラメリゼ

なんか仕事の能率悪いなーと思うとき、
「甘い物」についつい走ってしまう。
最近のマイブームは「くるみのキャラメリゼ」。
これがヤバいくらいやめられない止まらない。
くるみ60gを170度オーブンで5分ロースト。
その間に、砂糖30g、メープルシロップ15gを鍋で煮て、
少し茶色く色づいたかなーと思った頃、ちょうどくるみローストが終わるので、
火からはずした鍋に手早く投入。
(このタイミングが遅いと飴が苦くなってしまうので
余熱を計算して色を見て下さい)
ささっとからめたくるみを、
クッキングシートに広げてさます。
こうすると、カリッと美味しい「くるみのキャラメリゼ」が!!
くるみが苦手な人もこれなら好きになると思います。
瓶に入れておけば翌日もカリッと食べられますよ。
(60gぐらい一人でもあっという間になくなりますけどね・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

栗の続き

先日どうしようか悩んでいた栗。
ゆでて皮むいて中味出して砂糖と牛乳で煮て、
フードプロセッサーでつぶしマロンクリームに。
次にホットケーキミックス150g、牛乳大さじ1.5、サラダ油50cc、バター10gを
これまたフードプロセッサーでぎゅーん。
冷蔵庫で1時間寝かせ、タルト皿に敷きこみ、空気穴をあけて180度オーブンで13分。
焼き上がったらさまして、マロンクリームと生クリームをのっけて、
飾りにチョコをけずってできたのがこれ。
Malon

味は・・・超ウマーーーーー!!!
なんたって栗自体がウマいのだから、
失敗のしようがないというか・・・。
タルト生地もいいかげんだった割にちゃんとサクサクしててgood!
栗ゆでたりむいたりで、ヘビーな作業が多いし、
タルトさましたり、時間はかかるんだけど
やってること自体にコツなど不要で、恐らく失敗のないレシピ!
時間と根性のある時にぜひお試しあれ!
市販のモンブランより味が素朴で栗の香ばしさが堪能できます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

私と六花亭

北海道旅行から父が帰って来た。
私はいつも楽しみにしているのだけれど、
あ、イヤ、父の帰宅ではなくて、大量のおみやげをね・・・。
北海道のおみやげといったら、絶対「六花亭」のお菓子!!!
楽しかった幼少期、帯広の思い出とともにあるのが、
六花亭のお菓子の味だ。何年経っても変わらない。イヤ、進化している。
今回の大ヒットはこれ!!マルセイビスケット!!
マルセイバターサンドのビスケットなんだけど、これが何とも美味しい!!
食べだしたら止まらない!!このバターの香り!サクサクの歯ごたえ!!
自分、お菓子作るの趣味っす、なんて言ってゴメンナサイ・・・
と、謝りたいぐらい美味しい!!
大平原もリッチランドも郭公の里もあるので、
もう毎日がスペシャル!!最高!!
六花亭バンザイ!!
横浜市民となってしまった今でも、
私はずーっと応援し続けますよ〜!!

Bis_2


| | コメント (4)

2009年6月18日 (木)

黒みつラブ

最近のマイブームは「和スイーツ」で、
特に黒みつ&きなこの味にハマっている。
食後の「バニラアイスの黒みつきなこがけ」
がもう好きで好きで。
ここに「抹茶プリン」と「小倉あん」なんかもトッピングすると、
それはもう夢の味。激ウマーーーーーー!
黒みつは最近作り方を覚えたのでたくさん使えるし、
バニラアイスは安くてもミルク感の強い「MUKU」か「MOW」が合う。
こういうの、お店だと結構なお値段だけど、
家でも充分美味しくて経済的。

それから「きなこのクッキー」。
ネットで見つけたこのレシピが美味しくて止まらない。

薄力粉80g
きなこ20g
バター60g(無塩)
砂糖30g

1 室温でやわらかくなったバターをクリーム状に練り、
  砂糖を加えてすり混ぜる。(レンジ加熱可。やりすぎ禁物!)

2 小麦粉、きなこをふるいながら1に入れ、混ぜる。
  はじめボソボソだけど気にせず混ぜると、まとまってくる。

3 2を直径2㎝くらいのまんまるにしてクッキングペーパーを敷いた天板に並べて、170度に温めておいたオーブンで15〜17分焼く。さめたらできあがり。
  サクサクで香ばしい!!

以上。簡単でしょ。ぜひお試し下さい。

ちなみに、黒みつは、
黒砂糖大さじ3 白砂糖大さじ3 水大さじ4 を煮詰めて作ってます。
 

| | コメント (2)

2009年2月 9日 (月)

チョコレート・フォンデュ

チョコレート・フォンデュセットというのを買ってあったので、
やっとこ作ってみた。
自由が丘の「クオカ」で買った、
スイートチョコとマシュマロのセット。
チョコを溶かして生クリームと混ぜ、
マシュマロや家にあったバナナなどをつけて食べる。
おお〜、濃厚!美味し!
ただ我が家ではこじゃれた雰囲気のものはそれほどウケないので、
そこそこで皆引き上げてしまい、当然チョコが余った。
で、夜更かしのお供にホットチョコレート。
マシュマロをちぎって浮かべる。
うう〜ん!なんか美味しい!!なんでかココアより美味しい!
甘さ控えめですご〜くいい香り。アロマテラピー効果もあるかも。
また深夜に高カロリーを摂ってしまった。
今日は必ず美容院に行って、営業のアポ取り電話をしよう。必ず。
くどうハローワーク続行中。
Choco


| | コメント (3)